こんなお悩みお持ちではありませんか?

  • 「包茎が気になって女性に積極的になれない」
  • 「尿や精液が溜まって臭いがひどい」
  • 「包茎を見られるのが嫌で温泉に行けない」
  • 「包茎をバカにされるのが怖くて友人にも相談できない」

そんな包茎に関する悩み、お持ちではありませんか?
お悩みになる時間、もったいないです。

最初に結論を述べます。

「しっかりしたステップを踏めば、包茎の悩みにサヨナラできます。しかも短期間に。」

悩み解決

  • しっかり包茎について知識を得て(まずは知ること)
  • 沢山の人が悩んでいることを知って下さい(恥ずかしくないんです)
  • 実績充分なクリニックでの手術を決断しましょう。(カウンセリングは気軽に受けれます)
  • 痛みは最低限、決して高くはない手術をしっかりと受けて(痛みや手術への恐怖は不要です)
  • 包茎コンプレックスとサヨナラ(女性の前で堂々とできるのは、やはり快感ですよね)
想像してください。包茎とサヨナラした人生を。

それでは、早速「サヨナラへのカウントダウン」を始めましょう。

口コミで人気のクリニックを知りたい方はこちら

包茎コンプレックスから脱却しましょう!

男性のコンプレックスには、顔や身長、薄毛、体毛などさまざまなものがあります。しかしその中でも、気になるのは下半身のコンプレックス。大きさや長さ、ED、早漏、遅漏など…パッと思いつくだけでもたくさんあります。

このサイトで取り上げるのは「包茎」です。

実は、日本男性が包茎で悩む割合は70%以上と言われています。70%ということは、男性の大半が包茎で悩んでいるということです。「包茎は恥ずかしいもの」というイメージがありますが、大半が悩んでいることですし、そもそも私たちは包茎の状態で生まれてきます。ですから、本来はそこまで包茎を恥ずかしがる必要はありません。

しかし、同性はもちろん女性に見られた時に、恥ずかしいという気持ちは最大に。「バカにされる」「嫌われる」などと思う人もいます。そういった気持ちからか女性と関係を持つことに積極的になれない人もたくさんいます。

女性に対する問題の他に、衛生的な問題も存在しています。カリ部分に尿や精液が溜まり、亀頭包皮炎や尿路感染症、陰茎癌などを発症する可能性もあります。悪臭を感じているならそのリスクがあることを頭に入れておいた方が良いかもしれません。そして、包茎の種類によっては性行為で痛みを感じることも。

包茎の悩みにサヨナラする為に、まずは自分の包茎タイプを知ろう

あなたはどんな包茎タイプですか?包茎で悩んだら、まずは自分の包茎タイプを知ることから始めましょう。「亀頭に皮が被っている」と包茎となりますが、包茎にはいくつかのタイプがあります。包茎の種類によって治療の方法が違うので、把握しておくことが大事です。

仮性包茎

仮性包茎は、日本人男性で最も多い包茎のタイプです。平常時は、亀頭部分が皮を被っており、勃起時は剥くことができます。包皮のかぶり具合はあまり関係なく、亀頭部分を全て覆っていても手で剥くことができれば仮性包茎です。

6割から7割の人が仮性包茎と言われ、若い時は友人間でよく出るワードかもしれませんね。仮性包茎の中にも軽いもの、重いものが存在します。

真性包茎

真性包茎は、平常時・勃起時など常に包皮を剥くことができない状態です。亀頭部分全てを包皮で覆っている状態になります。

実は赤ちゃんの頃は、誰もが真性包茎です。成長し、外からの刺激や自分での剥く行為をしていくことで皮が剥けるのです。中には、衛生上の問題からお母さんが赤ちゃんの包皮を少しずつ剥くということもあります。しかし現代では、外からの刺激を受けなかったり、皮を剥く行為自体しなかったりすることがあります。

真性包茎の問題は、見た目ももちろんですが、1番は衛生的なものでしょう。皮を剥いて洗うことができないので、汚れが溜まり悪臭を放ち、病気の原因になります。また、女性が真性包茎と聞くと、「なんだか汚そう」と思う可能性があります。ほとんどの女性が真性包茎の知識はないので、無理やり剥こうとすることもあるかもしれません。

カントン包茎

仮性包茎や真性包茎は有名ですが、カントン包茎というタイプもあります。カントン包茎は、平常時は皮を被っており、少しだけ剥くことができる状態です。仮性包茎と何が違うかというと、包皮口(亀頭が出る部分)が通常より狭く、剥こうとすると痛みを感じます。

強引に全て剥いてしまえば、亀頭の根元は締め付けられ、元に戻すことができなる場合もあるので注意が必要です。そうなれば緊急手術をしなければなりませんから、カントン包茎はなるべく早く治療を開始した方が良いでしょう。

埋没包茎

埋没包茎は、肥満体型のために男性器が下腹部に埋まってしまう状態です。他の包茎は皮に問題がありますが、埋没包茎は問題ありません。体型によって起こるある意味特殊な包茎と言えるでしょう。

自分の包茎タイプを知っていますか?

自分の包茎の種類を知る事はとても重要 包茎といっても状態によって心配ないものや手術が必要なものがあります。 「自分はどの包茎だろう」、「仮性包茎だと思うけどなんだか違う気がする」といったように自分の包 ...

続きを見る

包茎の悩みから脱出する方法

包茎の悩みから脱出したいと思ったら以下の方法を試してみましょう。

包茎の基礎知識をつけよう

包茎といっても、仮性、真性、カントンなどのタイプがあります。包茎になる原因は、包茎のタイプによっても異なります。まずは、自分がどのタイプなのか、原因はなんだったのか知ることから始めましょう。

そして包茎に付きまとうリスクも知っておく必要があります。包茎は、カントン包茎以外であれば、すぐに治さなければ!と焦る必要はありません。しかし、長い間放置しておけばリスクが付きまとうことを頭に入れておきましょう。衛生面や成長、男としてのプライドなどさまざまなリスクが常に付きまとうことになります。

自分に合ったクリニックを選ぶ

包茎は、手術で治すことができます。施術できるクリニックはたくさんあり、包茎の種類や症状によって手術は変わります。クリニックが違えば、仕上がりや料金設定も異なります。

しかし、「包茎の治療に時間をかけたくない」、「また他のクリニックに行くのは恥ずかしい」などといった理由から比較せずクリニックを選んでしまう人が多いです。中には、相場以上に費用を高く設定したり、症状に合わない施術をしたりする悪質なクリニックもあります。そういったクリニックを選ばないようにしっかりと知識をつけ、自分に合ったクリニックを選びましょう。

自分に合ったクリニックの選び方

包茎手術

包茎の治療法といってもいくつかの方法があります。器具を使う方法もありますが、ここでは手術方法を紹介していきます。

環状切除法

包茎手術で定番なのは、環状切開術です。名前の通り、皮を切り、最後は縫い付ける方法です。デメリットとして、跡が残り、目立ちやすいことが挙げられます。しかし、最近では抜糸しなくても良い溶ける糸を使用しているクリニックもあります。

亀頭直下埋没法

皮を切り、カリ部で縫います。環状切除法と似ている方法ですが、デメリットを無くしたものが亀頭直下埋没法です。手術跡が分かりにくく、人気の高い方法です。泌尿器科ではなく、専門のクリニックで行われていることがほとんどです。

背面切開術・バックカット

包茎にも軽度・重度どちらのケースもありますが、背面切開術は軽度な場合に行われる方法です。背面部分を切開し、横に縫合します。それにより皮が短くなり、亀頭が出るようになります。切る部分が少ないメリットがありますが、医師の技術に左右される方法でもあります。背面切開術をするならクリニック選びを慎重に行った方が良いでしょう。

亀頭増大術

亀頭増大手術は、亀頭を大きくさせ、皮を被せないようにします。切らない手術なので、痛みの心配は少なくなるでしょう。ただ元に戻ってしまう可能性があります。

ここで紹介した方法以外にも手術方法はたくさんあります。自分の症状に合った手術をカウンセリングで選んでいきましょう。

包茎手術の保険

包茎手術は、保険が適用されるものと適用されないものがあります。保険適用になるのは、真性包茎とカントン包茎のみと考えておきましょう。ということは、悩んでいる人が多いとされる仮性包茎は保険が適用されないのです。

そして、真性包茎やカントン包茎の場合でも保険適用外になる可能性があります。例えば、泌尿器科で手術を行えば保険適用になりますが、美容クリニックでは適用外になる、ということがあります。

また、手術方法はさまざまありますが、保険を適用させるとなると定番の環状切除法になることがほとんどです。環状切除法が悪いというわけではないですが、手術跡が残るなどのデメリットがあります。見た目を重要視するなら美容クリニックでの手術をおすすめします。

包茎手術の費用

切る手術は大体10万~、切らない手術は大体3万~ほどが相場になります。包茎手術の種類やクリニックによって設定されている費用は違います。美容クリニックは、自由診療のため費用も自由なのです。保険を適用させたい場合は、泌尿器科の病院で施術してもらいましょう。

気をつけなければならないのは、オプション料金です。例えば、他の手術を一緒に勧められることがあります。どうせなら…と見積もりをだしてもらうとびっくり!なんてこともあるでしょう。

見積もりを出されたら見積もり内容をしっかりと確認することが大切です。よくわからない箇所があれば聞いてみましょう。そして、費用が高い、おかしいなどと感じたら、違うクリニックの診察も受けてください。包茎手術は、知識が少ない患者が多いため、悪質なクリニックが存在します。面倒くさがらず、セカンドオピニオンを受けましょう。

怖がらなくて良い

包茎手術と聞くと、「怖い」と思う人はたくさんいるでしょう。失敗するんじゃないか、仕上がりは大丈夫かなどといった不安を持ちやすいものです。

失敗する?

包茎手術で1番怖いのは、失敗です。それほど難しい手術ではなくても、自分の大事な部位を手術するのは本当に怖いものです。

実は、包茎手術でも失敗はあります。例えば、感度が低下したり、痛みを感じたりなどの失敗談を聞いたことはありませんか?他にも傷跡が気になる、ツートンカラー、仕上がりが悪いなどといった例が挙げられます。見た目が悪い場合は、修正治療を行うこともあるでしょう。

こういった失敗が起こるのは、下調べをしていない、慎重にクリニック選びをしていないなどの理由があります。包茎手術が行われるクリニックはたくさんあり、どこに行ったら良いかわからない場合が多いですよね。

恥ずかしいからすぐ決めてしまった、ということもあるでしょう。しかし、クリニック選びは慎重にしなければなりません。実績があるか、明朗会計か、対応は丁寧かなどいくつかのポイントで比較してみましょう。また、口コミ・体験談やランキングを参考にするのも良いですね。

包茎手術の体験談
包茎手術の口コミ

痛みはあるか

手術の痛みが心配という人も多いでしょう。手術中は、麻酔が効いているため痛みは感じません。ただ、麻酔を打つときの痛みはあります。これはそこまでの痛みはありません。

1番痛みを感じるのは、手術後です。正確にいえば、麻酔が切れた後です。もちろん鎮痛剤をもらうこともできますが、効き目がわからないということもあります。しかし、痛みは1週間から2週間ほど。日が経つにつれ、痛みにも慣れてきます。

どんな手術でも言えることですが、医師の技術によっても痛みは異なります。これは、仕方がないことですが、実績があるクリニックを選ぶと良いでしょう。

手術後の仕上がりは?

包茎手術後の仕上がり、気になりますよね。傷跡でバレてしまわないか?と不安に思っている人も多いです。

これは、手術の方法、医師によって異なります。跡が残りやすい術法はやはり存在します。それらの知識もつけてから手術に臨みましょう。基本的には、低価格の手術法より高い手術法の方が傷跡が残りにくいと言えるでしょう。

もちろん術後すぐはどの術法でも跡が残っています。傷跡が目立たなくなるには、数ヶ月から1年ほどの期間が必要です。どのくらい目立たなくなるかというと、顔を近づけなければ気づかれることはないでしょう。性行為で気づかれてしまうのでは?と思いがちですが、薄暗い部屋なら問題ありません。

手術を行い出てきた亀頭は、細くなっていることがあります。見た目を良くするため、亀頭増大手術を一緒に受けるということもできます。

当サイトで得られる知識

当サイトは、包茎に関することを紹介しています。現在、包茎の男性は7割と言われ、悩んでいる人がたくさんいるのが現状です。

しかし、包茎のことを話したり、相談したりするのは恥ずかしいと思っている方がほとんど。だからといって、包茎を長期間放置してしまうと、衛生的な問題や精神的な問題が出てきます。

「怖い」、「痛そう」などの不安もありますが、実は年間で10万件以上もの包茎手術が行われています。特別な手術ではなく、多くの男性が行なっている手術なのです。

包茎を治すには、まず初めに知識をつけなくてはなりません。いきなり医者任せということもできますが、悪質なクリニックもあるので、下調べは欠かせないものです。

悪いクリニックにあたり、手術に失敗するなんて本当に怖いですよね。包茎手術を成功させるには、クリニック選びのための知識をつけることが大切なんです。

当サイトは、包茎の種類から、手術方法、費用、仕上がり、おすすめのクリニックなど包茎のありとあらゆることを紹介していきます。参考にして、一緒に包茎を治していきましょう。

包茎の基礎知識
相談から包茎手術までの流れ

包茎手術で人気のクリニック

実績のある人気のクリニックのランキングです。

ABCクリニック

業界最安値の30,000円から治療可能なのは特筆すべきものです。また、安価・安心・安全の「3つのA」を大事にしています。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 仮性包茎CSカットが30,000円

お助け隊
ABCクリニックでは、Sカット・Vカットを選ぶ人が多数

上野クリニック

24時間無料相談が魅力です。10+2の「安心」を約束しています。自信の麻酔システムで手術の痛みを最小限に抑制。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 24時間無料相談

お助け隊
「手術の痛み」が不安な方も安心

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

開院30年の老舗で、全国に31箇所クリニックがあります。痛くない麻酔、綺麗で縫合痕のわからない仕上がりで定評があります。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 手術跡がわからない仕上がり

お助け隊
高い技術と丁寧な対応で人気

人気記事一覧

包茎手術の解決の手順 1

包茎を解決する時間です 「包茎手術を受けたいけどどうしたらいいのだろう」 「手術には保険とか必要なものはあるのでしょうか」 「手術すると入院しないといけないのでしょうか」 心配、多いですよね。よく理解 ...

包茎手術クリニック 2

包茎手術でおすすめのクリニック 「自信を持って推薦してもらえるクリニックが知りたい人へ」 「すでにいくつかカウンセリングを受けてある程度わかっている人へ」 「よくわからないけど、いいところを教えて欲し ...

3

クリニック選びは難しくありません 現在、包茎手術ができるクリニックはたくさんあります。良いことなのですが選択肢が多すぎて、選ぶのが大変ですよね。自分に合ったクリニックを選ぶには以下の点に注目してみまし ...

4

コンプレックス要素が強い包茎の悩み。 同じ悩みを持つ男性がどれくらいいるのか?そして実際に包茎手術を受ける男性はどれくらいいるのか? 悩みを持つと、「自分だけじゃないはずだ」という風に思いたくなります ...

5

泌尿器科の包茎手術は安い 包茎手術は決して安いものではありません。できるだけ費用を抑えたいと思っている人は多いはずです。そこで気になるのが、泌尿器科で受ける方が安くなるということです。実際に、包茎手術 ...

6

包茎手術の費用は高い? 包茎手術の費用は、決して安くはありません。人によっても感じ方は違うかもしれませんが、学生やお小遣い制のサラリーマンにとっては悩む金額です。 実際、クリニックに行って金額を提示さ ...

7

自分の包茎の種類を知る事はとても重要 包茎といっても状態によって心配ないものや手術が必要なものがあります。 「自分はどの包茎だろう」、「仮性包茎だと思うけどなんだか違う気がする」といったように自分の包 ...

8

包茎手術への不安 包茎手術はとても不安ですよね。いざ包茎手術をしようと思っても悩んでしまう人は多いでしょう。 「どんなことをするのかわからない」「痛いんじゃないかな」と不安になられることかと思います。 ...

9

問題あります 「問題ないよね」と思いたいお気持ちはわかりますが、「問題がある」ケースが多いのが包茎の実情です。仮性包茎や真性包茎であれば、緊急を要するほどの問題はありません。しかし、包茎のままだといく ...

Copyright© 包茎手術お助け隊 , 2018 All Rights Reserved.