ほうけい 包茎手術の基礎知識

自分に合ったクリニックの選び方

更新日:

クリニック選びは難しくありません

現在、包茎手術ができるクリニックはたくさんあります。良いことなのですが選択肢が多すぎて、選ぶのが大変ですよね。自分に合ったクリニックを選ぶには以下の点に注目してみましょう。

  • 泌尿器科ではなく包茎専門クリニックへ
  • 包茎・包茎手術の知識をつける
  • 費用や開業年数、施術数チェック
  • アフターケアの充実
  • 複数のクリニックでカウンセリングを受ける
  • 口コミは参考程度に

自分に合ったクリニックを選ぶには、しっかりと自分で下調べをする必要があります。

泌尿器科ではなく包茎専門クリニックへ

まず最初に覚えておきたいのは、包茎手術は包茎専門クリニックで受ける方が良いということです。包茎手術といえば、CMや広告で見かける大手クリニックを思い浮かべますが、包茎手術は泌尿器科でも受けることができます。泌尿器科は、しっかりとした病院というイメージがあるので受けようと思っている人も少なくありませんね。また、包茎専門のクリニックより手術費用が安く済むことも魅力を感じます。

しかし、泌尿器科はあくまでも日常に支障をきたす包茎を治すという考えです。真性包茎やカントン包茎は、衛生面で支障が出るため保険適用となりますが、仮性包茎は適用外となるでしょう。仮性包茎は自分で皮を剥くことができるので、日常での支障をきたさないとされるのです。

そして泌尿器科は見た目や機能への配慮はされません。包茎手術をして後悔したという人がいますが、傷跡が目立つ、感度が低下したなどの理由が挙げられますね。泌尿器科は最低限の手術を行うため、そのような失敗がある可能性があります。包茎専門のクリニックであれば、見た目や機能への配慮がされているためリスクも少なくなりますよ。

包茎・包茎手術の知識をつける

あなたは、自分の包茎がどんなタイプか知っていますか。包茎手術をするならば、自分でも包茎・包茎手術の知識をつける必要があります。医師に全部任せてしまうこともできますが、自分の大事な部分の手術ですから自分にどんな手術が合っているか知っておくことが大切です。しっかり知識をつけておけば悪質なクリニックやぼったくりを防ぐこともできます。

包茎には、いくつかのタイプがあり、それぞれのタイプによって手術法も異なります。包茎は、仮性包茎、真性包茎、カントン包茎、埋没包茎、老人性包茎のタイプに分かれます。普段は皮が被っている状態というのは一緒ですが、自分で剥くことができたり、剥いたら元に戻らなかったり症状が違います。

1番多いのは仮性包茎で、自分で剥くことができるため手術の必要がないと言われることが多いですよね。しかし、衛生面でのリスクは付きまといますし、コンプレックスに思っている人は少なくありません。

包茎手術には切る手術法と切らない手術法があります。切らない手術法は、軽度の包茎にしか適用できないためほとんどの人が切る手術法を選ぶことになるでしょう。定番なのは、環状切除術です。包皮を切り、包皮を剥がし縫合というシンプルな術式で泌尿器科でも行われます。
見た目への配慮があまりされておらず、傷跡が残るなどの失敗のリスクがあります。最近では、溶ける糸などを使い目立たないように工夫がされています。亀頭直下埋没法は、傷跡が目立ちにくい方法として人気が高いです。

カウンセリング時に、包茎がどのような状態か、どの術式が合うか見ていきます。その時に自分が知っている単語や方法が出てくれば、安心しますよね。

費用や開業年数、施術数チェック

包茎手術をする際、気になる点といえば費用ですよね。包茎手術は決して安いものではありません。10万から20万ほどが相場になり、学生や社会人になりたての人が包茎手術をするのは勇気がいりますよね。ですから、できるだけ安く済まそうと思うのは当然です。

しかし、費用ばかりに気を取られてはいけません。中には「こんなに安いの?」と驚くほどの価格設定のクリニックがありますが、追加料金が発生する場合があります。

また、費用が安いということは、不人気なクリニックとも考えられます。人気がないため、費用を安くして患者を増やそうとしているかもしれません。人気があるクリニックはそれだけ良い医師がいるということですから、費用ばかりに気をとられずに他の面もチェックする必要があります。

開業年数は、長い方が安心して手術を任せることができます。新しくできた最新のクリニックも良いのですが、医師の経験が少ない可能性があります。なんでもそうですが、経験が多い方が上手くなりますよね。

手術も同様で、経験が多い方が上手いと言えます。また、それだけ長くクリニックを営業できるということは安定して患者がいるということです。ホームページやカウンセリング時に医師に施術数はどれくらいか確認してみましょう。

アフターケアの充実

手術自体も大切ですが、終わった後のアフターケアの充実性も確認する必要があります。包茎手術後、完全に回復するにはおよそ1ヶ月かかります。それまでは、入浴禁止、激しい運動禁止、オナニー・セックス禁止など制限があります。

守っていれば危険となるトラブルはほとんどありませんが、大事な部分ですから不安に思うことが出てくるでしょう。例えば、腫れが出てきたり、痛みがおさまらなかったり。そんな時のために、クリニックのアフターケアが大事なのです。

無料で相談を受け付けていたり、包帯を交換してくれたり、クリニックによってアフターケア方法もさまざまです。このアフターケアが充実しているクリニックを選ぶようにしましょう。

複数のクリニックのカウンセリングを受ける

包茎専門のクリニックは、誰もが知っている大手から地域密着型のクリニックなど本当にたくさんあります。たくさんあると、どのクリニックが良いか、自分に合っているかわからなくなってしまいますよね。そんな時は、複数のクリニックでカウンセリングを受けてみましょう。

カウンセリングだけであれば無料で受けることができます。カウンセリングの際に、医師の対応、診察、術式、施術数、アフターケアなどのポイントを確認してみてください。実際にクリニックに行ってみることでわかることが出てきますよ。

対応が悪かったり、なんだか嫌だなと感じたりすれば他のクリニックで手術を受ければ良いのです。面倒だと感じるかもしれませんが、こういった下調べが手術への不安を解消させてくれますよ。

口コミは参考程度に

現在、インターネットには多くの情報があります。自分が気になるクリニックを調べることも簡単ですね。「このクリニックは良かった」「悪かった」などの口コミを確認することもできます。

もし、悪い口コミを見れば「良くないのかな」と不安になる人も多いでしょう。逆に口コミが良ければ「そこにしよう」と決める人もいます。しかし、口コミを全て信じ切るのはおすすめできません。

誰が書いているかわからないので、クリニックのサクラの可能性もありますし、有名だからというだけで悪口を書かれてる可能性もあります。あくまでも口コミは参考程度にとどめておきましょう。口コミの数が多ければ、注目されているクリニックという判断はできますね。

当サイトでは、おすすめできるクリニックだけを紹介しています。複数のクリニックを紹介していますが、どれを選んでも安心して任せられるでしょう。その中でも自分と相性の良いクリニックを選んでみてくださいね。

まとめ

「自分に合ったクリニック」を選ぶことは重要です。包茎の悩みから本当に解放されるか否かはクリニック選びにかかっていると言っても過言ではありません。

当サイトでご紹介しているクリニックは実績・技術ともに申し分のないクリニックばかりです。

推薦のクリニックの中から、「あ、ここなら気軽に相談できそう」「自分に合いそう」というクリニックを選んで頂きたいと思います。

技術がOKならば、あとは相性です。

相性まで考えて選ぶ余裕があれば、包茎手術は成功したも同然です。

包茎手術で人気のクリニック

実績のある人気のクリニックのランキングです。

ABCクリニック

業界最安値の30,000円から治療可能なのは特筆すべきものです。また、安価・安心・安全の「3つのA」を大事にしています。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 仮性包茎CSカットが30,000円

お助け隊
ABCクリニックでは、Sカット・Vカットを選ぶ人が多数

上野クリニック

24時間無料相談が魅力です。10+2の「安心」を約束しています。自信の麻酔システムで手術の痛みを最小限に抑制。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 24時間無料相談

お助け隊
「手術の痛み」が不安な方も安心

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

開院30年の老舗で、全国に31箇所クリニックがあります。痛くない麻酔、綺麗で縫合痕のわからない仕上がりで定評があります。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 手術跡がわからない仕上がり

お助け隊
高い技術と丁寧な対応で人気

-ほうけい, 包茎手術の基礎知識

Copyright© 包茎手術お助け隊 , 2018 All Rights Reserved.