ほうけい 包茎手術の基礎知識

包茎手術の失敗の可能性はあるのか

更新日:

不安になることは自然です

包茎手術を考えた時、怖さや不安を感じることがあります。その気持ちは誰もが思うことです。
「包茎は治したいけど手術の失敗が怖い」、「包茎手術は失敗しやすいんじゃないか」
そんなことを思ってしまいますよね。実際、包茎手術の失敗する可能性はゼロとは言えません。

機能的な失敗 見た目の失敗
感度が低下する・勃起時に痛みを感じる ペリカン変形・ツートンカラー・左右非対称

上記の表は、代表的な失敗例です。具体的に包茎手術でどのような失敗があるのか、なぜ失敗するのか、包茎手術を失敗しないためにはどうしたら良いか説明していきます。

どのような失敗があるのか

包茎手術の失敗は、機能的なもの、見た目の失敗があります。特に多いのが、見た目が悪くなってしまう失敗です。

ツートンカラー

ペニスは、根元の方が色が濃く、亀頭部分に向かってだんだんと薄い色になっていますよね。しかし、手術することで縫合したところからはっきりと色が別れてしまうことがあります。本来はグラデーションなのにツートンカラーになってしまうのです。これでは、パッと見ただけでも包茎手術をしたことがわかってしまいます。

ペリカン変形

ペリカン変形は、名前の通りペニスを横から見たときにペリカンのように見える状態です。これは、裏スジ部分が腫れることで起こります。切除した上部の包皮の円周と下部の円周の長さは異なりますよね。しかし、それを計算せずそのまま縫合してしまうことがあります。そうなれば上部(亀頭側)の皮が余り、そこが膨らんでしまうのです。

左右非対称

包皮の縫い目が左右非対称になってしまう状態です。包皮の長さを計算していないことが原因になります。

感度低下

性感帯がある包皮小帯を切除してしまうことで感度が低下する可能性があります。いわゆる裏スジのことです。ひどい場合は、勃起しなくなる可能性もあります。

勃起時に感じる痛み

包皮を必要以上に切除してしまうことで、勃起時に皮が引っ張られて痛みを感じます。切りすぎてしまえば元に戻すことができないので、一般的には少し余らせるぐらいに切除しています。

なぜ失敗するのか

そもそもなぜ包茎手術を失敗するのかというと、術式が合っていない、計算されていない、医師の経験不足などの理由が挙げられます。

術式が合っていない

包茎手術には環状切除術や背面切開術、亀頭直下埋没法、根部環状切除術などの方法があります。症状に合わせてより良い手術法を選んでいきます。

しかし、合わない術式で手術をすることがあります。これは、包茎専門のクリニックではなく、泌尿器科で手術を受けた時に起こりやすいです。泌尿器科での包茎手術は保険が効き、費用が安いというメリットがありますが、定番の手術法しか行わないことがあります。主に環状切除術という方法で、ツートンカラーになりやすいと言われています。ツートンカラーは見た目ですぐわかってしまうので避けたい失敗です。

計算されていない

手術をしていく中で、包皮の長さや縫合する長さなどが非常に大切になります。例えば、切除した部分と縫合する部分の長さが違ってしまえば、ペリカン変形になってしまいます。丁寧に手術をしてくれる医師、クリニックを探す必要があります。

医師の経験不足

医師と聞くと、全員がしっかり手術してくれると思いますよね。しかし、医師の中でも手術の上手い・下手があります。例えば、昨日から医師になった人と長年医師をしてきた人を比べれば経験は大きく違いますよね。もちろん多くの経験がある人の方が手術が上手いと言えます。経験不足の医師は、失敗するリスクが少なからず上がります。

料金トラブルがある?

包茎手術の失敗以外にも心配なのが、料金トラブルです。包茎手術を調べている人は、見聞きしたことがあるのではないでしょうか?後から追加料金をプラスされたり、思っているより高額な費用を請求されたり。

残念ながらこのような悪質なクリニックは存在します。包茎は、周りの人に言いづらい問題なので、こういった詐欺をしやすい環境にあるためです。料金トラブルを防ぐには、クリニック選びを慎重に行う必要があります。費用が安くすむから、と費用だけで決めてしまうのはおすすめできません。

カウンセリング時の対応やクリニックの業績、医師の経験などを考慮して選んでいきましょう。
ここで紹介しているクリニックは料金トラブルなどの心配はないので、参考にしてみてください。

失敗してしまったら…

「もし、包茎手術を失敗したらどうしよう」「失敗したら治せないの?」と思って包茎手術をすることを踏み止まっている人はたくさんいます。確かに失敗してしまうのは怖いものです。もし、失敗してしまったらどうなるか気になりますよね。

もし包茎手術に失敗してしまったら、まず手術をしたクリニックに問い合わせてみましょう。無料で無料で再手術をしてもらえる可能性があります。手術前に交わす契約書に書いてあるか確認してみてください。

傷跡が目立ったり、ツートンカラーになってしまった場合は、無料での再手術は難しいかもしれません。なぜならば、手術自体は失敗していないためです。見た目の失敗は、失敗とみなされないことが多く、別のクリニックの行き、修正治療を行なっていく必要があります。

修正治療の方法は、皮が余っていればもう一度包茎手術を、なければ傷跡を目立たなくするよう治療していきます。修正治療の費用は10万円から20万円ほど。状態によってそれ以上になっていくので、カウンセリング時に確認しましょう。適正価格がわからなくならないように、複数のクリニックに診察に行くと良いかもしれません。

包茎手術を失敗しないためには

包茎手術をして失敗したくないですよね。では、どうしたら良いかのかというと、「クリニック選び」が重要になります。以下のクリニック選びのポイントを覚えておきましょう。

泌尿器科より包茎治療専門のクリニックで

包茎手術を受けられるのは、泌尿器科と包茎治療専門のクリニックです。泌尿器科は、保険が適用されることがあるため費用を安く抑えることができます。しかし、泌尿器科はあくまでも日常に支障が起きない程度に手術します。見た目を重視しているわけではないので、傷跡や感度などの失敗が起こりうるのです。

包茎治療専門のクリニックでは、見た目・機能ともに考慮されているため安心して任せることができます。傷跡などが目立ちにくい手術や性感帯を壊さない手術が行われます。

手術費用が明記されている

良いクリニックは、手術費用がしっかりと明記されています。支払い方法も現金だけでなく、クレジットやローンにも対応していることが多いです。

包茎手術の知識をつける

包茎はとてもデリケートな問題で、包茎手術について知っている人は少ないです。「医師に全て任せれば良いや」と思いがちですが、それは危険です。知っている人が少ないからこそ悪徳クリニックが存在しているのです。自分でどのような手術を受けるか、費用相場はどのくらいか知っておく必要があります。

費用ばかりに気を取られない

包茎手術は決して安いものではありません。学生や社会に出たての若い人が包茎手術を受けることが多いので、費用は大切ですよね。しかし、安すぎるクリニックを選ぶと後で追加料金を取られたり、雑な対応をされたりすることもあります。包茎手術の相場くらいのクリニックを選ぶと良いでしょう。

開業年数が長い

経験豊富な医師に手術をしてもらうためには、新しいクリニックより昔からやっているクリニックの方がおすすめです。長く続いているということはそれだけ定評のあるクリニックとも言えます。

当サイトでは、良いクリニックだけを紹介しています。ここで紹介しているクリニックなら、失敗を不安がることはありません。包茎手術を怖がらず、まずはカウンセリングから受けてみましょう。

包茎手術カウンセリングTOP5

包茎治療クリニックの中で、カウンセリングに絞ってランキングして行きます。手術の腕はもちろん必須ですが、カウンセリング次第で、どんな手術をするか決まります。 当然、値段もカウンセリング次第で変わりますし ...

続きを見る

包茎手術で人気のクリニック

実績のある人気のクリニックのランキングです。

ABCクリニック

業界最安値の30,000円から治療可能なのは特筆すべきものです。また、安価・安心・安全の「3つのA」を大事にしています。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 仮性包茎CSカットが30,000円

お助け隊
ABCクリニックでは、Sカット・Vカットを選ぶ人が多数

上野クリニック

24時間無料相談が魅力です。10+2の「安心」を約束しています。自信の麻酔システムで手術の痛みを最小限に抑制。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 24時間無料相談

お助け隊
「手術の痛み」が不安な方も安心

東京ノーストクリニック

東京ノーストクリニック

開院30年の老舗で、全国に31箇所クリニックがあります。痛くない麻酔、綺麗で縫合痕のわからない仕上がりで定評があります。

  • 男性スタッフのみで安心
  • 完全予約制
  • 手術跡がわからない仕上がり

お助け隊
高い技術と丁寧な対応で人気

-ほうけい, 包茎手術の基礎知識

Copyright© 包茎手術お助け隊 , 2018 All Rights Reserved.